意外と難しい?ピンク色のアイシャドウの使い方

カラーのバリエーションが豊富なアイシャドウ。

その日の気分やTPOに合わせて色を選ぶのも楽しいですね。

男性にも人気なカラーは、かわいらしいピンク。

でも、ピンクのアイシャドウを使うのって、ちょっと難しいと思わないですか?

ピンクのアイシャドウをまぶたに広く入れると、腫れぼったい目になってしまいます。

ピンクのアイシャドウは、ポイントを押さえると上手に使えますよ。

まぶたが腫れぼったく見えてしまうときには、目じりにだけ入れてみましょう。

まぶたの広い範囲には、淡いブラウンを入れて、指し色のようにピンクのアイシャドウを使うと、腫れぼったさが気になりません。

目じりにのせるだけでも、結構ピンク色は目立ちますよ。

また、他のポイントメイクのカラーを淡い色にしてみるのもオススメです。

アイラインやアイブロウをブラウンにしてみてはいかがでしょう。

ピンクにはブラックよりブラウンの方がなじみが良く、ピンクが浮きにくくなります。

せっかくのかわいらしいピンク色が浮いてしまってはもったいないです!

使い方やカラーの組み合わせを工夫してみましょう。

https://www.suicidedub.co.uk/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です