腸の疾患の予防策として乳酸菌の摂取を目的に飲んでいる

5年ほど前に潰瘍性大腸炎という大腸が炎症を起こす疾患を発症し、それ以降お医者様の強いすすめもあり、乳酸菌を摂る生活を心がけています。

潰瘍性大腸炎は難病に指定されている完治しない病気のため、再燃(重度の症状が再発症すること)しないよう日々の食生活には気を使っています。

お医者様にはある乳酸菌サプリメントを勧められましたが、1ヶ月分が1万円もかかる高額なものだったのと、もともとサプリメントの類があまり好きではなかったので、自然で自分で手軽にそして安価な物を探した結果たどり着いたものがヨーグルトを使用したグリーンスムージーでした。

乳酸菌だけでなく、新鮮な熱を加えない野菜とフルーツの酵素を取れるので、腸だけでなく、お肌にも効果があります。

毎朝一番にグリーンスムージーを体に入れる様にしています。

作りかたは私の場合、バナナと小松菜ヨーグルトの3つは必ず入れます。バナナは冷凍庫に常備しています。

小松菜がない時はほうれん草やブロッコリー等で代用します。

それにキウィか冷凍のブルーベリーを入れます。効果もある上、プチプチの食感が楽しめます。

それらにヨーグルトを加えハンドミキサーでミックスします。

とても美味しく、朝飲むと体が蘇る様な感覚があります。

このグリーンスムージーを毎日続けているせいか、今未だに病気の再燃はありません。

お医者様も効果に驚いています。

これからも毎朝のフレッシュなグリーンスムージーで、乳酸菌を摂取したいと思います。

https://www.miekebeijer.nl/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です